治療法と効果


注射器クリニックでAGA治療を行う方法には、大きく分けると3種類あります。3種類の治療法を詳しく知ることで、どのようなメリットがあって、どのようなデメリットがあるのかを把握できるので、必ず知っておくべきポイントだと言えるでしょう。この3種類の中で、最も多く行われているのが薬剤治療です。近年ではジェネリック医薬品が使用されているので、比較的安い値段で治療が可能になります。

ただし、長期間の服用が必要になりますし、副作用の心配もあるのがデメリットでしょう。他にはメソセラピーという治療法があります。これはレーザーや超音波、注射器などを使って育毛成分を浸透させる方法なのですが、若干治療費が高くなります。医療機器の性能や医師の技術が必要になるので、クリニック選びに失敗してしまうと、効果があまり出ないこともあるでしょう。

効果が出る方法と言えば、近年注目され始めているHARG療法です。治療期間も短くて済むのですが、やはり治療費が多少高くなりますし、現在ではHARG療法を行っていないクリニックもたくさんあります。気になる場合は事前にクリニックに対応しているか確認し、料金などもホームページで調べておくと良いでしょう。(参考:薄毛治療医院/名古屋中央クリニック

そして、植毛という対処法もありますが、これはあまりおすすめできません。再び抜けてしまう可能性も高いですし、費用もかなり高くなっているので、デメリットの方が多いと言えるでしょう。

副作用に注意


薬AGAの治療によく用いられているのが薬です。薬の種類はプロペシアやミノキシジルが一般的ですが、これらの薬は副作用が出やすいというデメリットがあります。副作用の多くが精力減退なのですが、他の副作用はあまり出ることはないでしょう。しかし、プロペシアやミノキシジルを使用すると、1週間から10日程度で髪の毛が抜けやすくなるという症状が出ることもあります。

ここがクリニックで治療を行うときのポイントだと言ってもよいでしょう。この髪の毛が抜けやすくなるという症状は、副作用で発生することではありません。薬が効いてきている証しなのです。AGAで髪の毛が薄くなった場合、すでに生えている髪の毛がそのまま太くなることはありません。また、抜けやすくなった髪の毛が抜けにくくなることもないのです。必ず抜け落ちてから強くて太い髪の毛が出てくるのです。

髪の毛にはサイクルがあるので、このサイクルが1周しないと丈夫な髪の毛になることはありません。必ず弱くて細くなった髪の毛が抜け落ちることを覚えておきましょう。そうしないと副作用だと勘違いして、薬の服用を止めてしまう人もいるからです。このような副作用についても、こちらから聞かないでもきちんと説明をしてくれる医師がいるクリニックを利用するようにしましょう。

AGA治療のポイント


医師AGAの治療をクリニックで受ける際には、やはりクリニック選びがとても重要になります。なぜならクリニックによっては、専門的な知識の少ない医師が開業していることもありますし、口コミなどの評判が良くないクリニックも存在しているからです。信頼できてしっかりとした知識と技術を持っている医師がいるクリニックで治療を行わないと、AGAを改善できる確率が低くなってしまうでしょう。それでなくてもAGAの治療には、ある程度時間をかけないと改善できません。

きちんと信頼できるクリニックを発見してから治療のポイントを知るべきでしょう。どのような病気でも同じなのですが、治療をする上で重要視することは、早期治療するということです。病院は嫌いだからしばらく受診せず、ひどくなってから受診してしまうと、それだけ治るのが遅くなるので、長くクリニックに通わなければいけませんし、薬も長く服用しないといけなくなります。そうすると余計に治療費や薬代が高くついてしまうので、早期治療がとても重要になります。

早期治療を行うことで、短い期間で治療が完了するので、その分節約できるケースが多いと言えるでしょう。まずは情報収集をして信頼できるよいクリニックを発見したら、できるだけ早い段階で治療を行います。AGAが進行してしまう前に対策を打てるために、その分回復も早くなります。治療が遅れてしまうと、髪の毛が細毛化してしまい、さらに治療が長引く恐れもあります。このような状態になる前に治療をする必要があるのです。